健康美容エキスポーション!効果的な美の魔法の技とは?

時間や期限を守ること

 

時間や期限を守ること

 

時間や提出物の期限を守ることは社会人として基本である

 

時間に遅れたり提出物を期限通りに提出しないと、いろいろな所に迷惑をかけ、信用度も下がります。最悪の場合は職を失う結果になることもあります。このことから社会人としての自覚をしっかりと持って、集合時間や提出物の期限を守ることをしっかり意識することが大切です。

 

時間や期限に遅れるリスクとそれを回避する方法

時間を守ることは時間までに現地に到着するだけでなく、提出物も期限までに提出することも含まれます。すべての事を時間や期限どおりに行わなければ大勢の人に迷惑をかけて、ストレスも増大します。とにかく大勢の人を振り回す行為だけは避けたいものです。仕事においては現場によっては少しでも時間に遅れると、あてが外れてすべてが台無しになって帰宅させられる場合もあります。そうなると給料は当然ゼロになり、現場の人からの信用もなくなり、働き口が減ります。それだけでなく、送迎バスなどを利用する場合は一人の人の遅刻のためになかなか出発できません。そして時間に遅れて現場の人に迷惑をかけて作業計画が大幅に狂うケースも発生し、会社全体の評価も下がります。また、帰りにおいてもみんな疲れて早く帰りたいにもかかわらず、一人の人が時間を守らないためになかなか帰ることができません。主婦の人ならば家の用事があります。また、それが遅い時間で翌日に仕事がある人ならば早く帰宅して早く寝る必要もあります。このように集団で生活をしていることを考えると、時間に遅れることは信用度を大きく落とします。また、提出物も期限より遅れると記録をつけたり集計したりという後々の作業にも影響を及ぼします。そこで時間はや期限に遅れないようにするためには、するべきことを後回しにせずに、すぐにとりかかることです。いずれは行わなければならない事なので、先延ばしにすると余計にストレスが大きくなります。
そして集合時間に遅れないようにするには余裕を持って家を早く出ることです。できるならば15分か20分前に到着するぐらいの余裕を持たせることです。
余裕を持たずに切羽詰まると事故や怪我のリスクも多くなってあせりも生じるので、前もって綿密な計画をたてることが肝心です。